勇敢なる有閑なる優な感じの自由刊行。続

飯高で農的生活を営む六人家族のお母ちゃんです。縁もゆかりもない移住をご機嫌に続けていけるのは、尽きないチャレンジ精神と、おおらかな地域のおかげです。地域に支えられる子供たちとの暮らしや、ここで発見した限りない素敵なことを、ちょっとずつ発信していきたいです。

お月見の前に

今年はちょっと早めな感じですが、彼岸花が全開です。どこにもかしこにも咲いていて、大迫力のあぜ道はこの時期ならではの日本らしい風景です。不吉なイメージが付きまとう彼岸花ですが、私には見守られている感じがするし、遠い未来に草葉の陰から子孫を見守る立場になったときは、たまには陰から飛び出してこんな派手な花として咲きたいものです。きっと今までの人生の倍以上は遠い未来の予定ですが、いつどこで何が起きるかはわかりません。災害や事故だけでなく、一寸先は闇、なのは日々のことです。幸いにも長命になるかもしれないし、予定外に短命になるかもしれない。これはもう生き抜いてみなけりゃわかりません。なるべくしぶとく、でもいざという時は潔く。笑って彼岸を渡れるかなとちょっと考えるいい時期ですね。

f:id:kamenarien:20180922152809j:plain


息子の保育園でお花見の飾りを作ったようです。今月の初めに地域の小学校だったところで星空を眺める会が行われたときは新月だったのですが、順調に膨らんで秋の十五夜を迎えられることになりそうですね。星空好きにはたまらない、暗さを誇る飯高町ですが、満月の明るさはまた格別です。こちらに移住してから月の模様がよく見えるようになりました。私には大きな優しい顔に見えます。微笑んでもらえるのが楽しみですよ。


そしてお月見といえばお団子ですね。乾物置き場には夏休み前から出番を待ち続けているお団子粉があるのですが、近頃やたら目に付きます。予定のない祝日はきっとそのためにあるに違いない。


いわむらかずおさんの「14ひきのねずみ」シリーズに描かれるような暮らしに憧れながらもまだまだマメさも知恵も足りません。日本の四季を味わうまたとない絵本のシリーズとしてイチオシですが、特に好きなのはおつきみの話です。子供たちで作った木の上のお月見台、小さなねずみたちをすっぽり包む大きな月、シンプルなごちそうと祈りの言葉など、素敵な誘いに溢れた名作です。

ねずみ家族に及ぶまでは生きてみたい。どうやら先は長そうです。

14ひきのおつきみ (14ひきのシリーズ)

14ひきのおつきみ (14ひきのシリーズ)

ちょっと前の香肌のカヌーレポート

もうすっぽり秋雨の中にあるのでちょっと前の話になりますが、平成最後の夏、飯高町ではカヌーが盛り上がっていました。日本の清流百選にも堂々十位以内でランクインする櫛田川のあちこちでカヌーを楽しむ光景が続々と見られるようになったのは、明らかに今年増加の新風景でした。


というのも今年飯高町でカヌーを盛り上げようと頑張ってくれた人々がいたからであり、何度も体験会を開いてくれたり、愛好家にも来てもらったり、発信もマメに行っており、市長もすっかりカヌーファンにしてしまったようです。つくづくエネルギーを起こすキーパーソンの力を強く感じてありがたいものです。この流れを続けていかなければいけません。


おかげさまで飯高の子供達のためにも体験会が開かれ、夏休みにうちからもお父ちゃんと長女が参加して楽しんできました。私は小さな子全てを連れて行くわけにはいかず、残念ながらこの夏はデビューならずでした。けれども川のそばに住む者として、カヌーはぜひ身につけておきたい乗り物であり、冒険の夢を膨らませるにも最高の手段の一つだとピンとくるのです。いつかはユーコン川へ、とは言い過ぎかもしれませんが、生きていれば何が起こるかわかりません。ひとまず来年デビューの楽しみを残して、カヌー大会の見学だけ行ってきました。


道の駅のすぐ下の川にコースを作り、午前いっぱい練習に励んだ参加者たちで、午後に本番スタートです。うちから道の駅はいつもの道ではありながら少し距離があるので後半しか参戦できませんでしたが、上級者たちのカヌー技を拝見することができました。初心者にはカヌーの貸し出しもありますが、上級者はみなマイカヌーです。素人としてはカヌーといえば細かい色やデザインの違いはあれど概ね一定の形かと思いきや、上級者ほど違いに差があるのが見ものでした。長細い鋭いタイプや短く運びやすそうなタイプのどちらも同じコースに挑戦しており、カヌー走者は何を基準に選んでいるのでしょうか。今年カヌーにはまった地元のお兄さん(立派に中年ではありますが)方も、一艘では飽き足らず、二艘目、三艘目と趣味をおおいに広げているようです。熱中される姿は眩しい限りで、またゆっくり話を聞いてみたいものですが、大会ではとりあえず応援ですね。

f:id:kamenarien:20180912225634j:plain


カヌー大会では参戦者はコースに設けられたゲートを数字の順番に通り抜けてタイムを競います。初心者コースは川を下るだけですが、上級者コースは何カ所か上り返しをこなさなければなりません。カヌーの向きを変え、流れに逆らって上っていくのは見てるだけで腕が痛くなってきそうです。敢え無く流されそうになる場面もありましたが、この日のために鍛えてきた強者たちはスイスイとマイカヌーを操って、次々とノルマをこなしてゴールしていきました。

f:id:kamenarien:20180912225701j:plain


陸上トラックよりも大きなコースです。観戦者は全てを見渡すことはなかなかできないので、スタートを遠目に眺め、難所の上りが見渡せる所で声援を送り、ゴールは見送るのが大半でした。もちろんポイント毎にスタッフがいてスタート&ゴールやゲート通過をチェックしてくれます。私はゴール手前でエールを送るのが好みの応援スタイルなので、解説本部とは離れた場所に陣取って観戦しておりましたが、我が子たちは少しも見逃すまいと岩場をピョンピョン移動して夢中になっていました。滑りやすい岩場を苦もなく動き回れるのは川遊び常連者なだけあります。


続けて何本の走りを見たでしょうか。選手たちは一度ゴールしてから自分でカヌーを引き上げて二度目を走るので、もう最後はいかにもスポーツという雰囲気でした。応援が聞こえてたか届いてなかったかはわかりませんが、走り終えた選手たちの疲労かつ爽やかな顔は、とにかくスポーツ音痴の私にはなんとも眩しい輝きを放っておりましたよ。一斉スタートではないのでタイムを聞かなければ順位はわからないのですが、圧倒的に華麗な滑りを見せてくれた方、ハラハラさせて引き込んでくれた方、一回目と二回目で驚きの成長を遂げた方など、大会ならではの満足な観戦ができました。


その夜はカヌーの名残を引きずって、ゴーヤボートを作りました。小さな子たちは中身しか食べてくれないけれど、印象的な形は気に入ってくれたみたいで、私にもカヌーとのつながりができましたよ。夢で見る初着水はきっと緑ブツブツボートでありましょう。いつかは旅もしてみたい。その前に、来年の大会に参加できるよう、櫛田川が美しくあり続けるよう、恵まれた欲張りを楽しみたいですね。

f:id:kamenarien:20180912225216j:plain

歯抜けレター


6歳の息子の前歯がすっぽり抜けました。うちでは岩波書店の懐かしい絵本の一つである『ねずみとおうさま』に従って、歯が抜けたらネズミのペレスさんに手紙を書いて枕の下に入れておくというのを習慣にしています。お手紙と歯を持っていってもらうかわりにペレスさんはお金を置いていきます。手紙のお返事もあります。


ねずみとおうさま (岩波の子どもの本)

ねずみとおうさま (岩波の子どもの本)


実際寝ている間にネズミが来て、お金置いてお手紙の返事も書いてくれるなんて、耳元で鳴き声なんか聞こえたらたまらんなと母はおびえてしまうのですが、こどもたちはあっけらかんと心待ちにしています。姉たちの時に何度か大人の事情(忘れてた)でその日のうちにレスポンスがなくても、ある日母のバッグからお手紙がポロリと落ちてしまっても、信じる心を保ち続けています。「ペレスさん忙しかったのかな」「あれ、こんなとこにペレスさんの手紙。さっき来てたのかな」etc.利き手と反対の手でわざとタドタドしい字を書いているわけですが、これもまたなかなか難しい。クリスマス以外にもこんな苦労をしなくてはいけないとは思いもしなかったけれど、子供の歯が抜けることを大事にしてあげるという点で、夜中のペレスはいい習慣だと思います。


乳歯が抜けて永久歯に生え変わることは子どもの成長でとても大きな分岐点です。夢見るような幼児時代から学童になっていく変化は、現実世界を生きる親にとってはもしかしたら待ちに待った成長であるのかもしれません。やっとちょっと話が通じるようになる、筋道立てて物事に取り組んでくれるようになってきた気がする、というのは意味不明なパワフル幼児と長らく向き合ってきた保護者には実際朗報とも言えます。子どもの観察に基づく全体の考察によって提唱され受け継がれてきたシュタイナー教育においては、幼児には何かを教えるということはせず、歯が生え変わり始めてから初めて教育を与えるといいます。文字を教えるとか椅子に座らせて話を聞いて書きとらせるとかいう教育が有効なのは歯が生え変わってからという主張は、なるほど子供のそばにいればさもありなんです。全身で感じて遊ぶのが当たり前な幼い子にとっては頭に働きかけるばかりの教育はどうもアンバランスで、字の内容よりもにょろにょろした形そのものが面白いと感じているものですから。私自身は身体を動かすことがあまり得意ではなくて、小さい時に内向的な楽しみを身につけて読み書きをするのが早かったのですが、もっとふわふわしててもよかったなぁと今になって、もう思い出せない幼少期を尊んでいます。


歯が抜けるのは個人差が大きくて、早い子なら5歳で抜けるし、ゆっくりなら7歳まで乳歯を保つ子もいます。長女は7歳直前に初めて抜けたので印象的でした。手紙もじっくりしっかり書いていました。次女は6歳の途中で一気に何本も抜けました。手紙もまとめて書いたり忘れてたり。個性の違いがくっきりです。今過渡期の息子の抜歯は実は今回が初めてではないのですが、手紙を書く前になくしてしまったし、そもそも手紙を書く能力が欠如していたので、ペレスさんは来てくれていませんでした。歯も紛失したままです。このままペレスさんスルーでもいいかなぁとちょっと期待しておったのに、なんの心変わりか「書きたい」と主張して姉に手伝ってもらって書いたのがこちら。回収後です。


f:id:kamenarien:20180910104456j:plain


まだ手紙を書くには早いかもしれない。でも何か伝えようとはしている。そしてこのつたない手紙を枕の下にいれて、いくらもらえるのか楽しみでグヘグヘ笑っていた息子にはもう、もっと小さかった頃の無垢な感じはありません。悲しくもたくましく、自分で世の中を歩き出した様子がみとられました。しっかり者の姉二人の後の怠け息子なので、あまり成長してほしくもなかったけれど、ひょっとすると立派な学童になれるのかもしれない。あの幸せに閉ざされていた幼少期は既に終わっていて、私は彼の背中を押して見守ってやらねばならない。歯抜け顏を見るたびに、ちょっぴり切なくなる母心です。

ミャンマーのお祭りとは珍しい

先日、飯高町の最上流といっていい波瀬地区で、在日ミャンマーのカチン族の方々が一堂に会してのお祭りが開かれました。カチン族の方々は紛争により7年前から難民になっていて、伝統的なお祭りも開催されないままなのを知った、日本の支援者がNPO法人衆議院議員さんと協力して、自然豊かな飯高で、一緒に祭を行おうとの話になったそうです。

f:id:kamenarien:20180828170428j:plain


詳しい話は何もわからず、何が行なわれるのかもよくわからなかったのですが、波瀬地区は飯高町の中でもうちよりさらに川がきれいなところで、それゆえ訪れてもきっと損はないだろうとの見込みにより、えいやで参加してみることにしました。どこの町でも小さなところではそうかもしれませんが、この辺りのイベントでいいのは、現地で必ず何人もの知り合いに出会うことです。そしてようやくイベントの詳細がわかるのし意外な話やらも耳にすることができて楽しいのです。事前につかめる情報の知らせ方は改善しないといけないのではと思いますが、よくわからないところに飛び込みながらもなにがしか安心というのは、冒険好きな子連れにはちょうど良いハードルです。


私も家族もミャンマーという国にはまだ訪れたことがなく、今後ご縁があるかはわかりませんが、ミャンマーで難民となって日本に来た家族の話は去年の夏に課題図書で読みました。

空にむかってともだち宣言

空にむかってともだち宣言


あまり考えさせられる内容のない残念ながら深みのない話だったのですが、主人公のクラスでミャンマーの踊りを披露するというくだりは覚えていて、今回のお祭りでミャンマーの踊りが見られるのかなと期待して行きました。難民が苦労して日本に来られて複雑な思いをしていることも察することができるので、読書の甲斐はあったのかもしれません。たくさんの難民の中で、日本に亡命できるのは予想以上にわずかなものでしょう。飯高町に集まってきた人々にもそれぞれの歴史があるのかなと思うと別の話がふくらみそうです。


課題図書のミャンマーとは地域が違うのか、このカチン族のお祭りの趣旨は、会場に居合わせたみんなで踊りの輪を作るというものだったようです。先に飯高町で行なわれる祭文踊りという盆踊りをミャンマーの方々も交えて踊り、その後、カチン族の踊りに参加者も加わり、二つ合わせて一時間程度踊るというものでした。盆踊りは細分化された地域毎のスタイルではなくて基本的なスタイルでよかったので、もう移住三年目の私も入れました。ただ各地域によってちょっとずつ節回しやリズムの取り方が違うため、だんだんずれてしまい、早めのテンポの方々に比べて遅れているようになってしまいましたが、それなりに踊ることができました。主催地域としておもてなしをした後は、いよいよカチン族の踊りでした。


f:id:kamenarien:20180828171335j:plain


マノー祭の踊りは、しっかり民族衣装を着た方々が、二列になってリズムにのって行進し、ときたま右手を上げて「あわわわわわわー」と言いながら持っている布を振る、そしてまた行進する、というものでした。軽く左右に揺れながらも基本的には前の人についていく行進なので、誰でも参加することができます。長い二列が近づいたり離れたり並んだりぐるぐる回ったり、前列の人にしかわからないであろう動きによって、どこまでも続いていきます。なにぶん晴天の暑い日で、何度か脱落しそうになりながらも音がある限りは動き続けねばと歩き続け、最後まで参加することができました。今回は半時間ほどでしたが本来は一時間以上もやり続けるらしく、祭にかける体力気力はどこの世界でもパワフルであることに改めて感心しました。


その後ミャンマーの方々に教えてもらったスタッフが作ってくれた、ミャンマー料理の試食がありました。これもまた試食というので軽く呼ばれておしまいかと思いきや、次から次へと出てきて、スパイス好きな私は大喜びでご馳走になってしまいましたよ。ミャンマーの味はタイほど辛くなく、ベトナムほどエキゾチックな香りが強くもなく、山海の妙味をしっかり詰め込んだクセになる味わいでございました。食べ物のおかげで一気にミャンマーが近くなり、ありがたい体験になりましたよ。私の舌では中味を全て解析することはできませんでしたが、いつか懐かしい味になればいいなと旅情を募らせることになりました。そして今回一緒に踊った難民の方々が、いつ帰国できるかわからなくとも味を受け継いで、発信し続けていってほしいと思いました。一期一会がつながっていきますように。

新しいのにこんなにもふるさと

三重県松阪市飯高町に移住して三年になります。私の出身は大阪の箕面市ですが、もうすっかりここの人になりました。四人の子どもたちが生まれたのは、中国天津市が上二人、息子は堺市、末娘はフィリピンのルソン島とバラバラですが、四人ともにとってここがふるさとであり続ければいいなと願っています。


何しろ昔は馴染みのなかった「ふるさと」の歌ですが、ここでは文化祭などの折に流れることがあり、バックのスライドが地元の風景写真で事足りるのです。かの山、かの川、青き山、清き川、それはまさにここの当たり前であり宝物です。


地元にも山があり川があり、懐かしい人々がいます。たまになんともいえない郷愁にとらわれることはありますが、ここの山や川やおうちや生き物たちを見ると、絶対こっちしか選べないなともっと強い愛着を確かにします。ふるさとのための移住、そしてふるさとを守るための地域おこし。都会暮らしではできそうにもない、地に踏ん張った体験を積み重ねています。


今は刈り取りの季節です。春から目に青葉を楽しませてくれ、夏の暑さを和らげてくれた水田がお休みになるのは寂しいですが、秋は秋で柿をはじめとする実りが楽しみだし、長い冬を越すための薪も知恵も年々増えています。ここをふるさとにしているからこそ私は年々知恵と経験を磨いていくことができます。ありがたきかな、ありがたきかな。

かき氷の残り香

あれよあれよと台風の到来が重なり、もう夏なんてないような風ですが、実はまだお盆から一週間くらいしか経ってないのですね。今年は子どもと一緒に長い夏休みを味わうわけにはいかず、たくさん仕事をこなしてからの濃厚なお盆休みだったので、無駄にせず休みも大事に過ごせたように思います。大きな旅などはできないし、キャンプの腕も鈍りっぱなしですが、お祭りも連日で参加したし、お出かけも怠らず、ふりかえりがいのある夏でしたよ。願わくばまだ川遊びし足りないけれど、新しいことの多かったシーズンなので、また来期の楽しみにつなげたいところです。今年から飯高で始まったカヌーを楽しむ活動もあまり参加できておらずそわそわしますが、立ち上げたNPO法人さんが上手いことやってはるみたいで、今後も続いていきそうです。焦らず参戦の機会を伺っておきたいですよ。夏の楽しみはいくらでも、なれど身体は一つ、頭の容量も限られる。やっぱり夏休みっていいですね。


そんな中、今年特筆すべくはお祭りの裏方体験です。ものすごく尽力したわけでもなく、誰でもできる程度に参加しただけなのですが、夏祭りの場を小学校PTAの発信場として活動してみました。かき氷の屋台を出して、お客さんに小学校勧誘フライヤーを手渡ししたささやかな活動ですが、もしかしたら香肌小学校のPRにつながったかもしれません。たまたま目にした誰かが香肌小学校っていいなと思い、仲間になってくれるきっかけになったかもしれません。結果は出ずであっても、このまま小さくなり続けてしまう流れに一石投じることができたのかもしれません。崖っぷちの小学校、でも守りたい学校として踏みとどまる力があるのでしょうか。思ったより沢山のお祭り来場者、主に若い家族を見ながら、エネルギーを燃やしておりました。


f:id:kamenarien:20180823194038j:plain

かき氷自体は普通ですが、娘に描いてもらった可愛い氷ちゃんの効果もあってか、完売でした。イチゴは特に早く、視覚アピールが出来たのかな。不動の人気で当然かもしれないけれど、親としてはいい気分でした。


うちの子たちも前々からかき氷を楽しみにしていました。子ども四人と私で五つなので、五種類一気買いしたらこんな感じです。

f:id:kamenarien:20180823193959j:plain


小さな屋台ではありますが、保護者の半数と教職員の八割が協力してやり遂げることができました。地域のたくさんのお祭りに今までは参加して楽しむだけでしたが、これからは祭りを支える側にもなっていきたいです。やはり人あっての地域で、私にできることはそんなに大きくはないかもしれませんが、毎年毎年顔が広がっているなと実感した祭りの日々でもありました。人の名前を覚えることには自信があったのに、記憶力が持続せず名前がわからないけれど知っている人がたくさんいらして、じわじわと地域に根付いて来た感触が強かったですよ。環境の良さに惹かれて住みついた飯高町ですが、人のつながりに支えられてこれからを生きていけそうです。そんな仲間がじんわり増えていきますように。


飯高のお祭りでは花火がとても近く贅沢に見えます。音楽とのコラボとか最新バージョンはないかもしれませんが、山々に響く音もいいし、行きも帰りも混まずにたっぷり花火なんて、なかなかできることじゃありません。幸せなお盆でした。

f:id:kamenarien:20180823194255j:plain

三重の海に足伸ばし

立秋過ぎてツバメが減ったなぁとちょっぴり寂しさを感じていたら、あっという間にお盆休み真っ只中ですね。どうりで飯高の交通量も増えるわけです。所縁のある方もたまたまのご縁の方も川やBBQやお祭りを楽しんで、飯高への縁をもっと膨らませていってくれたらいいなと欲が出てしまうこの時期です。


亀成園は自営業だし最近は忙しくなってきたとはいえまだまだ融通の利く身分ですので、この時期は遊びには行きませんが、かつては夏の旅行、おそらく一年で一度きりの旅行といえばいつもお盆休みの海水浴だったことを思い出します。金曜夜から弾丸でめいっぱい週末遊びのできるようなパワフル両親ではなかったので、5日ほどあるお盆休みのうちの中3日が旅行に充てられ、前後しっかり休息を取るというスタイルでした。帰る田舎というものがない身には、極たまの異空間はドキドキワクワクに満ちていて、大人になってすっかり旅慣れた後の楽しみとはまた違った味わいがあったように記憶しています。毎年行程は似たり寄ったりでしたが行き先はいつも違っていて、鮮明に覚えているわけではないですが、三重県和歌山県の海にも何度か訪れていました。住んでいたのが大阪だったのでやはり行きやすかったのでしょう。電車にしろ車にしろ、小さな頃から迎えてもらっていた三重県の観光地に、今は思い立って日帰りで行けるようになりました。


三重の海といえば、伊勢志摩鳥羽が有名であるし、美しい内海は三重県民の誇りであります。何度でも訪れたい素敵な湾、いずれ嫁ぎ先とかで縁ができないかなと狙っておりますが、今年は高速道路も新設されたことで行きやすくなった、尾鷲のほうに足を伸ばしてきました。


新しい道路はトンネルばかり、カーナビも混乱して気の毒でしたが、早いのは早かったです。行き先は大泊海水浴場というところで、高速道路を降りてすぐでした。電車でも大泊の駅からすぐなようで、便利なものです。すぐ近くに鬼ヶ城があり、歩く力があれば是非再訪したいところですが、この夏の暑さでは海水浴が精一杯、そのかわりめいっぱい楽しんできましたよ。


尾鷲なのでがっつり外海かなとのイメージでしたが、山に囲まれた湾になっていて、程よく浅い砂浜は小さな子供にも遊びやすく、安心できる海でした。そしてここは河川の出口がすぐつながっていて、海水浴と川水浴が一粒で二度美味しいのが魅力です。

f:id:kamenarien:20180814133627j:plain


温かい潮水でたっぷり遊んでから真水に戻って行ったり、逆もあり、混ざる場所もあり、野生的な我が子たちは味の違いを楽しんでいました。川の水のほうがやはり冷たいし、とはいえいつもの上流に比べると信じられないゆっくりな流れで、水場のいろんな違いを身体で感じてくれたのではと教育熱心ママとしては密かに期待していますよ。まあ即効でなくてちっとも構いませんがね。


深さの変わる海はちょっと怖かったのか、末っ子は砂遊びを存分に堪能していました。フィリピン生まれの彼女にはもっと海に親しんでほしいものですが、怖がるというのは知恵のついた証拠かなと前向きに捉えてあげて、一緒に砂と貝と石を波で変化させまくって遊びました。あまり大きなものや精巧なものは作れなくてイマイチですが、思いつくままなんとなく呪術のような小作品をこしらえるのが好きです。

f:id:kamenarien:20180814133806j:plain


暑すぎる今年は海水浴客も少ないらしく、確かに空いていました。最近は紫外線を敵にする人が多いので、昼間に泳ぐのはただでさえ不人気らしいですね。それでも私は年に一度は夏の真昼間の海水浴がしたいです。尾鷲の海、熊野の海、紀北の海、三重県の海はまだまだいっぱいです。日本のシーズンはあまりに限られていて、呑気な私には夏を味わい尽くすことはなかなか難しいですが、アンテナ張りは忘れずにいたいです。熊野は17日の花火大会が盛り上がるそうですね。海での花火も素敵だなとニンマリしながら、また山に帰っていきました。