勇敢なる有閑なる優な感じの自由刊行。続

飯高で農的生活を営む六人家族のお母ちゃんです。縁もゆかりもない移住をご機嫌に続けていけるのは、尽きないチャレンジ精神と、おおらかな地域のおかげです。地域に支えられる子供たちとの暮らしや、ここで発見した限りない素敵なことを、ちょっとずつ発信していきたいです。

新春バトル

 年明けてのんびりした朝、何故か長女がご機嫌斜めでした。今年で十歳になる彼女、早くも気難しい時期にさしかかったのかとチラッと覚悟をしましたが、理由は実にシンプルでした。彼女は年末から楽しみにしていたことがあり、もう一刻も先延ばしにされたくはなかったのです。今朝になって初詣どこ行こうかと相談する両親に我慢ならなかったのです。お腹は満たされた。犬の散歩はつきあった。もうそれで限界なのです。彼女はカルタ遊びがしたかったのです。


 昔からカルタでは負け知らずの鉄壁の母に果敢に向かってくる長女は、なによりも読書とカルタが好きで、性格も得意なことも全然違うのにそこは驚く程私にそっくりです。十年濃密に過ごしてきただけのことはありますね。


 というわけで、顔からはてなマークでいっぱいのお父ちゃんにちょいとストップをかけて、まずはカルタ遊びをすることにしました。


f:id:kamenarien:20180101204210j:plain


 読み手を代えて家族で三回大盛り上がりで勝負したら、長女はすっかりご機嫌になりましたよ。どこが気難しい時期にさしかかったのだ。単純明快が長女の持ち味です。今年もまだまだ幼いままでいてくれることは間違いないなくて一安心です。


ちなみにいかにも新年にふさわしいこのしばわんこカルタは、サンタクロースから私へのプレゼントでした。もちろんうらやましがられてひと悶着ありましたよ。どっちもどっち、オトナゲゼロの母子はこの勢いで百人一首に挑戦です。今年も楽しくなりそうですね。