勇敢なる有閑なる優な感じの自由刊行。続

飯高で農的生活を営む六人家族のお母ちゃんです。縁もゆかりもない移住をご機嫌に続けていけるのは、尽きないチャレンジ精神と、おおらかな地域のおかげです。地域に支えられる子供たちとの暮らしや、ここで発見した限りない素敵なことを、ちょっとずつ発信していきたいです。

香肌峡ふれあいフェスティバル2019

飯高町森を見下ろす蓮ダムとホテルわんわんパラダイス松阪、そして「森を考える会」という地域住民の会が連携して、秋の奥香肌峡を満喫するイベントが1110日(日)に行われました。とにかくイベントの多い秋で、松阪市内でも藍もめんフェスティバルが同日開催ということもあり、どれだけの人が集まるのか心配もありました。それでも犬も一緒にダムまでウォーキングできる趣旨に惹かれた参加者たちで、いつもはひっそりとした奥香肌峡が一挙に賑わいました。ふるさと市を目当てに訪れた方や近所の方もいらっしゃり、晴天の甲斐がありました。


ご近所のよしみもあり亀成園も出店させて頂きました。まだマルシェ経験もない亀成園はこれがほぼ初のイベント出店でした。卵だけでは品数が少ないので採れたての秋の野菜も準備して、計量して袋詰めして値付けして、ともかくも店舗を構えましたよ。プレートはイベントに合わせて用意してもらっていたのでわかりやすかったです。

f:id:kamenarien:20191113160140j:plain


お天気もよかったので、訪れた子供たちが喜んでくれたらいいなと鶏たちも連れて行きましたよ。ボリスブラウンと烏骨鶏の雌鳥の中でおとなしい子を一羽ずつ。餌と草も用意しておいたらなかなかの人気でした。写真を撮る余裕がなかったのが惜しいです。


このイベントは受付とふるさと市、犬の25メートル走などの会場とは別に、ウォーキングするダムへの道、アマゴ釣りはダム下の公園、ウィンズコンサートもその近くで、わんちゃん似顔絵はホテルロビーにて、とイベント場所があっちこっちに分かれています。そのまるごとを移動してもらっていろんな角度からの奥香肌峡の紅葉を楽しんでもらい、最後は抽選会を目当てにふるさと市の会場に集まる、という流れでした。

f:id:kamenarien:20191113160211j:plain


普段松阪市のこんな奥まで来ることは珍しい参加者たちや丸一日犬とゆっくり歩くことを目的としていたホテル宿泊の方々は広々楽しんでいただけたかなと思います。メイン会場が午後影になってわりと寒い中、なかなかどっとは集まらない人々相手に売り子をするのは根気のいる仕事でしたが、卵は完売したのでヨシとしましょうか。


頑張って準備した野菜はわりと残ってしまいました。試食してもらったハヤトウリはわりと出ましたが、里芋はわりと頑張ってむかねばならないし、生落花生も長時間茹でるのが美味しい。買った後の手間が敬遠されたのかもしれません。自慢の自家製小麦麺も放出したのですが、ほとんど見向きもされませんでした。売れなくて残念なような、残ってホッとしたような。売る気の問題も大きそうですね。全体にその場で食べられる商品(カレー、うどん、よもぎ餅など)は続々と完売していた中、亀成園の野菜と隣の飯高土産が残ったことから考えるに、野外イベントはやはり飲食が鉄板、ですね。烏骨鶏の卵や森林組合のキノコの菌床が売れたのは、「ここでしか買えない」感が強くあったからなのでしょう。行楽地を訪れる消費者傾向の一端を探る良い機会になりました。


バケツに入れておいたもぐ前の掘ったままの里芋は、何の表示もしていなかったけれど何人かの方が興味を持ってくださいました。私も自分で掘り上げなければわからなかった里芋の姿です。

f:id:kamenarien:20191113160518j:plain

せめて「これなーんだ⁉︎」なりの表示をつけておけばもっと興味がひけて売りにつながったかもしれません。マコモもほんの少し持って行ったのですが、何の表示もしていなかったので目にも止まらなかったようでした。POPは大事ですね。


出店は目当てに来て下さったファンでもなければその場その場の印象が即買う側の決断につながります。今後もこのような機会はぜひ頂いていきたいので、出店スキルも磨かなきゃいけないです。卵の数は限りがあるので、いかに卵以外にも売れる物を持っておくか、それをどう通りすがりの方に伝わるような売り方ができるか、課題がくっきりです。亀成園の子供たちが喜んで手伝ってくれる間にきちんと売れる出店ができるようになって、赤字を出さず子供たちに還元できればいいなとの思いを強く残しました。


そうそう、蓮ダムはこのイベントに合わせて開かずのトンネルになっていた扉を開きました。

https://www.instagram.com/p/B4RHh6BndfM/?igshid=1dnibjyxrq80o

私は今回ふれあい市に張り付いていたのでトンネルの中を体験できませんでしたが、中は素掘りのめちゃくちゃ音の響く空間だそうです。また何かの折に解放してもらう機会があれば新体験をしてみたいものです。ご近所なのにまだ知らないことがいっぱいです。楽しい場所に居れる日々に感謝です。