勇敢なる有閑なる優な感じの自由刊行。続

三重県松阪市の端っこにある飯高町で農的生活を営む六人家族のお母ちゃんです。縁もゆかりもない移住をご機嫌に続けていけるのは、尽きないチャレンジ精神と、おおらかな地域のおかげです。地域に支えられる子供たちとの暮らしや、ここで発見した限りない素敵なことを、ちょっとずつ発信していきたいです。

好きな本のこと

里山案内人の立ち位置

何の気なしに生協さんで紹介されていたから注文してみた本が届いたら、思った以上に私にぴったりでした。図鑑とあるけれど、80ページほどの薄い本です。紹介されている生き物も200種類くらいで、虫を中心に鳥や獣、爬虫類両生類などほんのさらっと解説があり…

鹿の王の原作ファンにとっての映画体験

数年前のわりと出てすぐの頃に読んで、人生で他の小説のことは全部忘れてもいいからこれが私の一番好きな物話だ!と強く思ったのが、『鹿の王』という作品です。ダントツの物語名手、上橋菜穂子さんが渾身の力を込めて書いてくれた壮大な壮大なファンタジー…

ゴリラの絵本おすすめ

9/24は世界ゴリラの日!だとか。 今日は○○の日を追いかけ過ぎるとしんどいだけなのですが、突然目についた日にはなにか縁があるはずです。 京都学派の末端(希望)の私にとっても、ゴリラはちょっと特別です。大切な同時代を生きてくれていて、霊長類として…

わたしはオオカミ、になっていいのだ

いちばん上の娘が生まれたとき、あわよくば子供にはコンプレックスを持たずに育ってほしいと願いました。目指すは文武両道。外遊びもおうち遊びも楽しめて、明るく前向きな素直な子。図々しい願いだとはわかっていましたが、私自身がコンプレックスの塊で卑…

生き延びる力。受け入れる力。

今週のお題「一気読みした漫画」 ちょうど昨日、とても体調が悪くて、一日何もしないことを自分に許可した日でした。 掃除が溜まっているし、ラッキョウの土取りして甘酢に漬ける作業もしなくちゃいけないし、せっせと草取りもしなくちゃいけない。HP更新と…

基本的なビジネスの流れに乗りたいもん!

今週のお題「おうち時間2021」 GWは茶畑持ちにとっては一番忙しい季節です。田んぼ持ちも一番がんばる時期ですが、亀成園の田植えはまだまだ先なので、今は茶畑が優先です。 でも今年はこの時期らしくなく雨が多いので、外から内に入ることがあります。 ス…

ものを考えるときは必ずしも言葉じゃなくていい

画家で絵本もたくさん残されている安野光雅さんが先月終わりに亡くなられていたそうです。94歳だったそうで、一部夭折の方もおられますが、私の好きな芸術家というのはどの方も立派に長生きしてくださいます。子供の頃から親しんできて、大人になっても新作…

軍手2枚の小さな手

ネタを詰め切れない日々が続いています。溜めているはずなのにどうもバタバタしていて取りこぼしてしまって落ち着かない。ここしばらくなんだか「やらなきゃ。やっておかなくちゃ」という意識が強かったのですが、ちょっと肩の力を抜いて書きたいことを書い…

#ブックカバーチャレンジ してみました

昨日から子供たちは午前中だけですが学校に行けるようになりました。朝の家事をすっかり任せていたのであっという間にいなくなってしまうと残されたこちらはおたおたです。でもあまり子供の足を引っ張るわけにもいきません。小規模校で一人一人の役割が山ほ…

おすすめの本と言われたから

コロナ騒動で先月いっぱい学校が休みになったことにより、児童と保護者だけでなく、給食に関わる人や業種だけでもなく、新聞記事も大きな影響を受けています。松阪市のローカル新聞社では各小学校を回って委員会を紹介するというほのぼのしたコーナーがあり…