勇敢なる有閑なる優な感じの自由刊行。続

三重県松阪市の端っこにある飯高町で農的生活を営む六人家族のお母ちゃんです。縁もゆかりもない移住をご機嫌に続けていけるのは、尽きないチャレンジ精神と、おおらかな地域のおかげです。地域に支えられる子供たちとの暮らしや、ここで発見した限りない素敵なことを、ちょっとずつ発信していきたいです。

流れるように思ったこと

パートナーシップ15年

4月は入学式や息子の誕生日やゲストハウス亀成園の2周年などイベント続きでしたが、こっそり結婚記念日もあったのです。15年を迎えることになりました。 10や20より15と25のほうが好きな数字です。 10歳よりも15歳、20歳よりも25歳の方に重みを感じるし 5と…

おすそわけのハードルは限りなく低く

移住促進活動なんかにぼちぼちと関わっていると 田舎暮らしへの憧れと同時に、漠然とした不安みたいなものは耳にすることがあります。 実際移住されてきた方の戸惑いなどに触れることも少なくありません。 田舎暮らしの不安って ・仕事場 ・子供の学校や習い…

何十年経っても定演が好き

少し前のことになりますが、とても幸せなイベントがありました。こどもトランペットクラブという飯高地区の公民館講座の縁で、小学5年生から知っている子が現在高校1年生になり、吹奏楽部の定期演奏会があるというので、伊勢まで応援に行きました。 松阪市に…

人には得手不得手がありますね

今週のお題「試験の思い出」 「冬のスポーツ」題で書き始めていたのですが、ちっとも広がらなくてお蔵入りしそうなときにこっちのテーマ。うん、スポーツよりは試験がふさわしい。 そんな話とプラスアルファです。アルファが膨らみました。 登っていこうね。…

人と人をつなぐ鍵

今週のお題「復活してほしいもの」 子供の頃暮らしていた町は、都会の郊外にある豊かで便利なところでした。なんだかゆったりとした作りの町で、きれいな川も流れ、緑も多く、観光地でもあるのに通勤も通学も申し分のない距離という、人気エリアで、現在も少…

鬼についての思い出は

今週のお題「鬼」 旧正月おめでとうございます。今日は旧暦の新年朔日にあたるようで、中国ではお祝いモード盛り上がっているでしょうか。爆竹と花火が少し懐かしくなります。年によってずれる暦なので、近年は2月真ん中くらいに当たることも多かったですが…

生きているだけで価値がある

山を守るためにイヌワシを探したいという想いを抱いて数か月。 インスタでハッシュタグ イヌワシをフォローしたのが今月に入ってから。 こうすると毎日イヌワシ画像が見られるようになりました。 そしてイヌワシ保護協会のホームページを熟読したのが今日の…

特殊能力を活かせるか

言語を通しての子育て経験は伊達じゃないという話です。そしてその力をどう活かしていくのかという。 10数年に渡って4児を育ててきておりますが、そういえばほんとに私は喃語というのは全く理解できませんでした。あれです、あの、赤ちゃんが「あー」「うー…

いいことばかりでもないけれど

今週のお題「最近あったちょっといいこと」 なんとなく気になったお題投稿。大きないいことでなくて普段は気にも留めないようないいことについて、がテーマだそうです。 日常的に小さないいことばかりを集めている身にはなかなかの課題です。掘り起こせ! あ…

サンクスギビングデーの丸焼き

今日はアメリカではとても大事な、お正月のような日であるサンクスギビングデーです。毎年11月の第4木曜日がそれにあたっており、多くのアメリカの人は家族集まって七面鳥の丸焼きとパンプキンパイなどを食べて、子々孫々つながっていることの感謝を祝いま…

松阪弁で好きな言葉

松阪市飯高町に縁があって、もう8年になります。 豊かな大地と清流と共に、家族が支え合って暮らしていくための場所としてここにたどり着いたわけで、そこから試行錯誤すったもんだあれやこれやと楽園つくりに向かって一歩一歩重ねている途中です。 縁やゆか…

ダイアモンドメンタルのために

今がそういうことにベストかどうかはわからないのですが 先の見えにくい激動のグラグラした時代の只中にあることは確かで 自分が見たいものを作っていくしか生き残れない直観はあるので 時間のある(あるのか?)今のうちにわりと意識的にメンタルトレーニン…

何をサボっても守りたい時間

今週のお題「サボる」このお題もサボって遅れました。嗚呼。 雨が続いても暑くても、外仕事はしんどい。 茶畑を刈らなければいけないのに、紫陽花も刈って、草も刈ってぬいて、 野菜はまめに保存して、紫蘇ジュースも作って、バジルソースも作り置き、 明る…

風力発電ができることの懸念いろいろ

私の暮らす地域で、山を削って道を作り、大型風力発電機が建てられる計画が進んでいます。各地で計画があるたびに住民の反対があり、退けられているのですが、どうしてもどこかに作らなければいけない事情があるのか、いろいろな地域に白羽の矢が立ちます。…

あの日も今も風の中なか

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」 素晴らしい日がありました。 子供たちの小学校行事に少し参加させてもらったので、私が何をしたわけでもないのが恥ずかしいのですが、さわやかな風が吹き抜けた一日でした。 香肌峡の川の中でカヌ…

今生きていくのにいくら必要なのか

今週のお題「100万円あったら」 4週間前のお題でした。かなり期間を逃してしまいましたが、ずっと引っかかってクルクルと考えていました。100万円あったら何がしたいとかは面白いことが出てこなかったですが、今お金について思っていることエトセトラ。 ちな…

移住したい人に必要な情報は「脱サラしたこと」ではないと思う

自給自足を大方実践し、田舎で農家体験のできるゲストハウスを営み、移住促進事業に際してなんだか出番の多い亀成園は、時々ですが取材を受けることがあります。 新聞記者さんや雑誌記者さんなどメディアの方が、ご自身の目線で紹介してくださるのはとてもあ…

五月人形の勇ましさをどう考えるか

すっかり新緑眩しい季節になりました。 大きな鯉のぼりがはためくのを憧れを持って見つめる毎日です。うちにも息子がいるので鯉のぼりを堂々上げたい気持ちもありますが、生まれた時に購入したのは皐月人形でした。鯉のぼりを飾るには土地が要り、穴掘りのユ…

地域がハッピーに続くために

今年学びたいこと、というお題記事です。何を学びたいのかと立ち止まって考えてみたらピンと来たことがあるので書き残しておきます。 学びきれていないことが多くて学んでいると公言するのは恥ずかしいのですが、なんやかや学ぶことは好きなのです。それも一…

この時代を幸運に

批判を覚悟で徒然をするのですが、私は自分の青春時代が阪神淡路大震災直後であったこと、意志的に子育てをするのが東日本大震災の影響下であったこと、そして大切な子供たちが自立をする前に一連のコロナショックがあったことを、言葉は難しいですが、よか…

わたし、獣になっても大丈夫

節季は雨水だったのに、寒波の影響で降ってきたのは雪でした。寒い冬と言われていたこの冬ですが雪の機会はあまりなく、またきれいなものを見られて嬉しいひと時でした。車道に雪が積もると凍って危ないので、除雪作業を待って学校は一時間遅れになります。…