勇敢なる有閑なる優な感じの自由刊行。続

三重県松阪市の端っこにある飯高町で農的生活を営む六人家族のお母ちゃんです。縁もゆかりもない移住をご機嫌に続けていけるのは、尽きないチャレンジ精神と、おおらかな地域のおかげです。地域に支えられる子供たちとの暮らしや、ここで発見した限りない素敵なことを、ちょっとずつ発信していきたいです。

シブシブ穴場を教えます

咲き始めの早かった今年の桜ですが、寒波のおかげで予想より長く楽しむことができましたね。どこに行かずともどの木も雄大で立派なのが田舎暮らしの特権でもありますが、どこにも出かけないのも却って落ち着かないのでお花見も行きました。亀成園から車で10分もかからないダム湖の一画が桜でいっぱいの公園になっていて、超穴場です。対岸からの写真が撮れなかったのでわかりにくいですが、立派な桜が百本くらいありますよ。

f:id:kamenarien:20190411145515j:plain


津本公園という名前も付いていて、香肌峡の地図には載っているけれどカーナビには出ないような知られざるスポットです。地元では昔は桜祭りも行われていたので地域の人は訪れますが、看板もないような場所なので、知らなきゃ気付かない公園ですよ。もっと宣伝して屋台を出す価値もあるようにも思いますが、平日は独り占めできるような今の在り方も秘密の贅沢感があってよいものです。

f:id:kamenarien:20190411145142j:plain

ここで子供たちは毎年木登りをします。下から眺めるより近くで花を楽しむ格好のつきあい方ですね。この木は私の、あっちは姉のと我が物顔で占領していました。「ママの木登っていい?」と言われ「いいよ」と気楽に答えていたら他の人もいたので、変な誤解をされていなきゃいいのですが。みんなの木ですよ。


いつか優雅にここのヘリポートに降り立ってみたいと宣言しておきます。

f:id:kamenarien:20190411145430j:plain


ここまではもう終わってしまった話ですが、枝垂れ桜を眺め下ろしたい方にうってつけのスポットは高見の郷はこれからが盛りです。


https://shidare-sakura.jp/


こちらはテレビや雑誌でも宣伝されており、毎年連日観光バスが来るような観光地ですが、広さのわりに人口密度は少なくて、まだまだ発掘されきっていないとっておきですよ。山を活用するために枝垂れ桜ばかり千本植えて、上から見下ろせるようになっている場所です。こんな豪快な計画を実行した人がいたことに驚きですね。


天空と名付けられたその山の上から見下ろすと人は何を思うのでしょう。ドローンほど自由に飛んで見下ろすことはできないけれど、魂が浮いて空から見るような気になるのでしょうか。里山にいるばかりでしばらくどの山の山頂にも訪れておりませんが、心のモヤモヤを昇華してくれるような場所に行きたいものです。あまり人がいなければいいなというわがままな気持ちと、沢山の人が美しい眺めを味わってほしいなという気持ちとに挟まれて、静かにご紹介です。