勇敢なる有閑なる優な感じの自由刊行。続

飯高で農的生活を営む六人家族のお母ちゃんです。縁もゆかりもない移住をご機嫌に続けていけるのは、尽きないチャレンジ精神と、おおらかな地域のおかげです。地域に支えられる子供たちとの暮らしや、ここで発見した限りない素敵なことを、ちょっとずつ発信していきたいです。

北へ南へお届け松阪

昨年7月にエントリーしたふるさと納税返礼品としての「亀成園卵と麺セット」はおかげさまで完売になりました。限定20セットで登録していたので、そんなに大人気でバカ売れというわけでもないのですが、12月から毎週のように申し込みがあり、年度末を待たずに売れ切ったのは十分な拍手案件であります。


まあ2割は友達なのですけどね。ふるさと納税サイトに登録してあれば、後から振込の手間がないし申し込みやすいようです。なんにせよありがたいことで、友達に気に入ってもらえるのは本当に嬉しいことです。そしてこれまた友達だからこそできるご指摘もあり、率直な声を受け止めて改良に繋がります。卵も麺も壊れやすい商品なので、梱包の工夫もおおいに反省することになり、ためになりました。


今年度締め切られてしまった方、4月からの再開をお楽しみにして下さいね。昨年度の小麦の収穫量がかんばしくなかったため、どれだけ提供品として確保できるかわからないのですが、櫛田川の清流が育んだ卵と麺セットに興味を持ってくれる人がいるならば、できるだけ発送対応できるのが本望です。


f:id:kamenarien:20200121204127j:plain


やはりこの地域の一番の魅力は清流なのです。ダムができて川が汚れて昔の面影もないと嘆く人はおりますが、ダムの影響がなかったところやダムの上に行けば、昔に劣らない美しい水の国にたどり着けます。松阪市全部が清流に恵まれているわけではないのですが、松阪市には清流があり、それを愛する人々がいて、清流あってこその美味しさに満ちている、ということが少しずつでも伝わればいいなと描いています。


たまたまではありますが、ふるさと納税返礼品に亀成園セットを選んでくれた方には北海道の方も鹿児島の方もおられました。友達でなくて。日本に住むほとんどの人が全国の都市部におられるわけですが、農山漁村に住んでみたい人、子供の頃は田舎で暮らしていた人、なんとなく故郷と呼べる場所に憧れる人は都市部住民の25%くらいはいると思うのです。亀成園がめちゃくちゃ大きいの方の実際のふるさとになることはできませんが、卵美味しかったなぁとか行ってみたいなぁとか田舎を探すなら松阪もありだなぁとなんとなく描いてもらうことはできるのかもしれません。


出会いの100%が好印象でなくとも、75%くらいは微笑ましい関係であることが望ましいです。私たちにできることは、とても美味しい卵を提供し続けること、個々の対応を信頼あるものにする努力をし続けること、与えられた立場に感謝することらなのでしょう。


小さな養鶏家が売れるものは本当にわずかです。卵を売るだけで生きていけるほど世の中甘くはありません。それでもうちには売る価値のある卵があることは一朝一夕で手に入れたのではない、価値のあることなのです。


雑草の少ない冬場、鶏たちの餌に茶葉を混ぜていつもの餌と一緒に発酵させています。寒いので餌を仕込むのは土間なのですが、夜はいつも茶葉の良い香りがしています。どうしても産み数が少なくなってしまう冬ですが、育てる過程での良い香りは心を穏やかにさせてくれます。冬らしくない冬はそれはそれでとても心配なのですが、卵の季節はやはり春なのです。まだまだまとまらない自分の心に問い掛けてみると、もう少し卵の数が欲しいのが本音です。どんどん売ってガハハと笑いたいのが偽らない気持ちです。それが叶わない今はちょっと苦しい。けれどまあもどかしい季節を一緒に乗り越えてこそ、絆は深まりますね。人間同士も、仲間である生き物とも、もっと大きな環境とも。


もしもふるさとが選べるなら、私は今の場所を選びたいです。この場所と最期まで付き合っていく未来のために、小さな発信を続けられることに感謝です。ちょいと陳腐になりました。