勇敢なる有閑なる優な感じの自由刊行。続

三重県松阪市の端っこにある飯高町で農的生活を営む六人家族のお母ちゃんです。縁もゆかりもない移住をご機嫌に続けていけるのは、尽きないチャレンジ精神と、おおらかな地域のおかげです。地域に支えられる子供たちとの暮らしや、ここで発見した限りない素敵なことを、ちょっとずつ発信していきたいです。

農山漁村起業家養成講座を受けて

とにかく昨年七月から半年間、六回にわたる県主催の講座を受け、毎回の宿題に唸りながら取り組み、自分に合った実現可能な新規ビジネスプランを作り上げたのです。

f:id:kamenarien:20200129192411j:plain


講座を受けてみないかと話を受けた時、何かあるぞと私の優秀な野生嗅覚が働きはしましたが、とかく仕事経験が少ないことが大きなコンプレックスにあります。いつか何かしたい、大好きな飯高地域を盛り上げて、人を増やす仕事をして、そして私も暮らしていける幾ばくかの銭が欲しい。ステップアップの動機は十二分です。それでもやはりビジネス立ち上げという新しい世界に挑戦するのはほぼ不安しかなくて、ずっと落ち着かなくて、でも心が折れないように必死で積み上げてきました。


講座の内容はこれから受講する方の楽しみにとっておかなくちゃいけませんので明確にしませんが、とにかく田舎にある身の丈にあった価値を掘り起こして、都会の人に魅力ある商品を作ることを時間をかけて勉強したのです。講師の先生が明るく辛抱強く、受講生たちから湧き上がる新規ビジネスを待ってくれたおかげで、私は「香肌峡おもしろガイド」というもしかしたら天職になるかもしれないプランにたどり着くことができました。


田舎で輝く人の多くは物作りが得意というイメージがあります。それか力仕事など体力に自信があると重宝されます。或いは介護系の資格があるとか運転技術が安定していると食いっぱぐれることなく暮らしていけそうです。どうにも私にはないものばかりで役に立てそうな気がしません。私も物作りは嫌いではなく上達したい気はあるのですが、どうしたって見劣りするしどうにも得意分野ではないのです。量産できる目処がなく、なんだかコンプレックスが強まるばかりでした。やっぱり強みになるところで頑張るしかないのです。


腹をくくって考えると、幅広い読書歴をもとに書くことと話すことと笑いをとることがどうにも私の得意分野です。どうにもそれしかありません。それらは自分には息をするようにあまりにも当たり前で、生きがいではあるけれどそれだけで仕事はできないと決めてかかっていました。書いたり話したり面白いことを突き止めて雑学を増やすのはそれこそ幼い頃からのスタンスで、それでもどこからも一定の仕事依頼を受けてないのだから、たいして価値のないことなのだろうとふてくされておりました。本当は勝負に出たことがないだけなのに。


仕事にしたかったらまずは計画立てて、恥を覚悟で売り込まなくちゃいけません。勝負する気があるんだぞって、世間にわかってもらわなくちゃいけません。市場に出なければ価値はつかないのです。雇われじゃなく起業するってそういうことですね。自分で責任引き受けて躍り出るからこそ、認めてもらうチャンスがあるのです。


長々とトグロを巻きかけましたが、というわけでこの春にゲストハウスを開業するのと同時に、大好きな地域をガイドする仕事を始めます。歩くだけなのにボランティアガイドではなくしっかり有償ですが、知識と感性、それに笑いを武器に、訪れた全ての人に楽しさと学びを約束したいです。


それができたら私はきっと生きていけるし、交流人口を増やして話題を集めることができれば、過疎化が加速する一方の田舎が消滅しない道を見つける一助になるかもしれません。故郷を世界にガイドできる人材育成もしたいし、緑の山を守る資金も育てていきたいです。図々しいけれど、「夢は口に出すと強い」ってジャンプの広告でありましたね。カッコ悪さを引き受けて、カッコ良く働く道をスキップしていきたいです。

f:id:kamenarien:20200129192903j:plain



まずはプランをもっともっと具体的に落とし込んで、パンフレットにできる商品を作ること。地域との連携もまだまだだし、ゲストハウスの改築もまだまだだし、今までになく脳も心もドキドキなこれからの二ヶ月になりそうです。