勇敢なる有閑なる優な感じの自由刊行。続

三重県松阪市の端っこにある飯高町で農的生活を営む六人家族のお母ちゃんです。縁もゆかりもない移住をご機嫌に続けていけるのは、尽きないチャレンジ精神と、おおらかな地域のおかげです。地域に支えられる子供たちとの暮らしや、ここで発見した限りない素敵なことを、ちょっとずつ発信していきたいです。

創作エネルギーの出し方

今週のお題「大発見」 呑気に幸せに生きていくことが今世の目的とはいえ 呑気に幸せにだけしていると、創作活動には向いていないという矛盾があります。 料理人を筆頭に芸術家たちがパリで人間くさーく過ごす成長ストーリーである『アルティスト』という漫画…

2月29日おめでとう

ゾロ目でできている自分の誕生日も気に入っておりますが、密かな憧れであり、多分まだちゃんと出会っていない誕生日が2月29日の人です。 特別感に弱い者としてはアリ寄りのアリです。 明日から3月 卒業など切ないけれどおめでとうのシーズンに突入ですね。 …

1億を真面目に分析すると

お題「1億円あったらどう使う?」 自分でも考えてみて、いろいろな人の声を集めるのに素敵なお題がありました。 偉大なる末娘(小2)の最近の夢は「億万長者」です。根っこぶっとくたくましく生きています。 子供の夢を盛り上げるためにも、1億の使い道くら…

早起きできるかどうかは今年にかかっている

今週のお題「習慣にしたいこと・していること」 早寝する日は増えたのに 早起きできる日は増えないなんて 睡眠時間が増えただけなのか。 まだ冬は続いているわけだし なんだか時代の変わり目だっていうし よく眠るって必要なことなんだろうけど 私はまだ早起…

公民館総集合の芸能発表会がありました

公民館講座で金管バンドとしてトランペットを吹いてもう6年です。 謙遜でもなんでもなく本当に上達しないままですが 発表の機会は増えており、他の方に紛れて密やかに吹いております。 6名の中でトランペットは3本という、紛れまくりの環境は恵まれています…

教育ワ―ケーションに求めるもの

先日香肌小学校で、全国初となるらしい「教育ワ―ケーション」の試みがなされました。 三重県でもとこワク事業として推進されているワ―ケーションを、教育を絡ませることで企業のCSRにもつなげ、地方により長く滞在してもらうプログラムができないかとの実験…

命の温度を上げていこうぜ

なんてこった。 吉井和哉さんの詩集が発売されるとな。 今年は絶対詩を書こう、歌を作ろう、どうしたって自分にしか出せない言葉を紡ごうとして、でもスラスラ書けるわけでもなく最弱にもごもごしているこのタイミングで。 吉井和哉 詩集 2003-2023 作者:吉…