勇敢なる有閑なる優な感じの自由刊行。続

三重県松阪市の端っこにある飯高町で農的生活を営む六人家族のお母ちゃんです。縁もゆかりもない移住をご機嫌に続けていけるのは、尽きないチャレンジ精神と、おおらかな地域のおかげです。地域に支えられる子供たちとの暮らしや、ここで発見した限りない素敵なことを、ちょっとずつ発信していきたいです。

道徳観に縛られずとも

子供の日をすっかりスルーしていたのに 娘たちから母の日プレゼントをもらうという なんともバツの悪い恩恵にあずかってしまいました。 人並み以上に「○○の日」とか大事にしてきた身ですが もう近頃は暮らしそのものが四季の巡りに囲まれていて 養鶏も農作業…

見た目じゃ通じない、実力と経験の世界

ゲストハウス亀成園はチラシで英語・中国語対応と記載してあります。 アウトドア発信基地と並んで、英語・中国語対応は目を引いてくれる人も多いです。 いちおう誇大広告ではありません。 園主は中国とフィリピンで現地になじんで働いていた経験がありますの…

僕は絶対またここに来る

おかげさまでGWは大忙しのゲストハウス亀成園です。連日あちこちから素敵な友達やご家族が訪れてくれて、山河に囲まれて鶏の声が響く古民家でリフレッシュしてくれています。本当にありがたく嬉しいことです。 私が亀成園としてゲストハウス業をしているのは…

野原でサバイバルゲーム(山菜取りの話)

今週のお題「好きな街」 暮らしたところが好きな街。あ、街じゃなくてど田舎の集落でしたが、わが町飯高町と誇らしく言えるのは日々ここからの収穫物で美味しく楽しく生きているからです。 猟の獲物や畑の作物、欠かせない卵は園主の担当だけど、山野草は私…

パートナーシップ15年

4月は入学式や息子の誕生日やゲストハウス亀成園の2周年などイベント続きでしたが、こっそり結婚記念日もあったのです。15年を迎えることになりました。 10や20より15と25のほうが好きな数字です。 10歳よりも15歳、20歳よりも25歳の方に重みを感じるし 5と…

親子山村留学は通じる言葉なのか

2019年度から細々とではありますが 山奥の最高に素敵な小学校存続のため 移住促進も兼ねて小学校を親子山村留学という形でPRして、問い合わせを促したり学校見学の機会を設けたり、住居案内や住居発掘といったことを 地道に粘り強く続けています。 粘った甲…

おすそわけのハードルは限りなく低く

移住促進活動なんかにぼちぼちと関わっていると 田舎暮らしへの憧れと同時に、漠然とした不安みたいなものは耳にすることがあります。 実際移住されてきた方の戸惑いなどに触れることも少なくありません。 田舎暮らしの不安って ・仕事場 ・子供の学校や習い…

山村留学促進のため、複式学級のすごさを語ってみる

日本の小学校に関わって7年目になります。 松阪市で一番小さな香肌小学校から、無限の学びをいただいています。親子共が心から満足して公立の小学校と関われるとは、今更ながらなんて素敵なご縁だったのでしょう。 長女が小学校2年生の途中からで、今年度4人…

小学生男児とプログラミング学習

プログラミング学習が必須になったいう世の中になってしばらく。 そんなもの、もう当たり前やん、外国語学習も当たり前やん、投資の授業も当然やんって方もおられるのだろうけれど、私にはまだよくわからないのが正直なところです。 ほんと、世の中の変化に…

ゲストハウス亀成園2周年記念に

せっかく素敵な場所を持っているのに それは自分の大事な場所で汎用性は低いかと遠慮していて 人を集めることをほとんどしてきませんでした。 来ていただくことはいつでも歓迎なのです。 けれど辺鄙なところであることもあり 来てくださーい、の呼びかけに躊…

桜を見下ろすには木登りです

雨が多くまだ寒い日が続く春ですが、確実に桜は咲いていて、日々を柔らかく和ませてくれます。入学式にはもうないかな、少し遠い桜スポットには間に合わないかな、嬉しいながらも全部の美しいものを見ることが叶わないことを思い知らされる少し切ない桜シー…

香肌小学校親子山村留学大作戦!

もうすぐ新年度が始まります。 今年度、やっと陽の目を見た香肌小学校での親子山村留学の取り組みをぐぐぐぐっと進めていくために、移住して来られた方々と校長先生が集まっての作戦会議を小学校で行いました。 手探りで心配しながら、勝算がイマイチ描けな…

地元マルシェは人脈が命綱

春分の日に飯高道の駅の隣にある香肌横丁で小さなマルシェがありました。主催者さんはご近所の方ですが、センスも良くとても頼りになる運営者です。長年の経験値があり、手作り作家さんたちとのつながりも深く、参加して心地の良いマルシェに、昨年秋から亀…

末っ子の卒園に際して思うこと(ちょっと暗めですみません)

外気温が上がったり下がったり 芽吹いたと思ったらあっという間に花が咲いて そして進級行事の多い春は あまりにいろいろなところでエネルギーが動き過ぎて、ワンテンポ遅めの私にはついていけない季節なのです。 この春も卒業があり卒園があり、年度終わり…

何十年経っても定演が好き

少し前のことになりますが、とても幸せなイベントがありました。こどもトランペットクラブという飯高地区の公民館講座の縁で、小学5年生から知っている子が現在高校1年生になり、吹奏楽部の定期演奏会があるというので、伊勢まで応援に行きました。 松阪市に…

ホームベーカリーが壊れました

2017年からフル活用してきたパナソニックのホームベーカリーがお陀仏になりました。ぐるぐる羽を回す部分が折れたので、流石にもうお別れですね。混ざらないパンもどきになってしまう日々は、ちょっとなぁ。粉粉した物体の上にイーストがざざっとかかってい…

冊子カハダヲタベルが刊行されました

昨年秋に一度触れたことのある、飯高町の地域を中心に、食べ物にまつわる話や昔の暮らしの話を集めて編集した小冊子『カハダヲタベル』が、この3月初めに飯高町内で各戸配布され、資金を出してくれた各住民自治協議会への事業報告会も行われました。 地域応…

鹿の王の原作ファンにとっての映画体験

数年前のわりと出てすぐの頃に読んで、人生で他の小説のことは全部忘れてもいいからこれが私の一番好きな物話だ!と強く思ったのが、『鹿の王』という作品です。ダントツの物語名手、上橋菜穂子さんが渾身の力を込めて書いてくれた壮大な壮大なファンタジー…

人には得手不得手がありますね

今週のお題「試験の思い出」 「冬のスポーツ」題で書き始めていたのですが、ちっとも広がらなくてお蔵入りしそうなときにこっちのテーマ。うん、スポーツよりは試験がふさわしい。 そんな話とプラスアルファです。アルファが膨らみました。 登っていこうね。…

三重のフォトギャラリーができてます

三重県で観光ガイドとして名を馳せたいなと図々しいことを願っている私ですが、まだチャンスの兆しは見えません。そのうちやってくるのか、儚い泡と消えるのか、まあ夢の中での優先順位はあまり高くないので、悠々とチャンスを待っています。とにかく三重県…

稲の種を比べる会

一昨年度に三重県発で数人の人たちが立ち上げてくれた「数あるコメの種を引き継いでいく会(という名前ではありませんが、その趣旨の会)」に幸運にも参加することができています。たまたま居合わせた場でそういう話が聞こえたので、いちおう米作りもする自…

園主の発酵愛の恩恵にあずかって

,"entityRanges":,"data":{}},{"key":"f29i4","text":"","type":"unstyled","depth":0,"inlineStyleRanges":,"entityRanges":,"data":{}},{"key":"aq255","text":"そして最近家庭内及び亀成園のお客様に大好評なのが、昨年園主が仕込んでようやくできた自前…

タンチョウの舞

野鳥の会に入会して確か一年半。ちょうど活動自粛の時期とかぶってしまったので、美しい写真が濃縮された会報も減らされる一方だし、探鳥会という野鳥好きが季節の観察ポイントに集まって望遠鏡を覗いてきゃぁきゃぁ楽しむ会も中止ばかりで1度しか参加できて…

甘酒メーカー、やっと活躍の時期がきた

【活躍の時期】 自分の物書き仕事の話、であることを私が一番期待していますが、単にうちのある道具の話です。自作自演のズッコケにめげずにがんばる! 飯高名物とっとき味噌!の生こうじが手に入ったので www.tottokimiso.com やっと、甘酒メーカーをまとも…

人と人をつなぐ鍵

今週のお題「復活してほしいもの」 子供の頃暮らしていた町は、都会の郊外にある豊かで便利なところでした。なんだかゆったりとした作りの町で、きれいな川も流れ、緑も多く、観光地でもあるのに通勤も通学も申し分のない距離という、人気エリアで、現在も少…

大きな声では言えないけれど、欲しいもの

今週のお題「自分に贈りたいもの」 ほんと、大きな声では言えませんが、女性であるがゆえに、しかも体内状態が至極健康である故に、毎月毎月ブルーな数日間を過ごします。 色で言うとブルーというよりレッドですね。ブラッディウィークをいかにしれっとやり…

価値観の大整理!

少し前に知って、気になっていた書き出しのワークを昨日ふと行ってみました。 「価値観を整理してブレない自分を作る」がテーマで 自分にとって大切に想うことをランダムに80個書き出して それを40に絞り、20に絞り、最終的に5つに絞るという 誰にでもできる…

鬼についての思い出は

今週のお題「鬼」 旧正月おめでとうございます。今日は旧暦の新年朔日にあたるようで、中国ではお祝いモード盛り上がっているでしょうか。爆竹と花火が少し懐かしくなります。年によってずれる暦なので、近年は2月真ん中くらいに当たることも多かったですが…

火鉢がたまりません

今週のお題「現時点での今年の漢字」先週のお題でした。 もうシンプルに炭ですね。今年は炭ラブとして生きます。 以下徒然 自然派というジャンルにゆるく囲まれながら生きています。 食べる物は作り手がわかる安心なモノとか、衣類はなるべく天然素材で草木…

生きているだけで価値がある

山を守るためにイヌワシを探したいという想いを抱いて数か月。 インスタでハッシュタグ イヌワシをフォローしたのが今月に入ってから。 こうすると毎日イヌワシ画像が見られるようになりました。 そしてイヌワシ保護協会のホームページを熟読したのが今日の…