勇敢なる有閑なる優な感じの自由刊行。続

三重県松阪市の端っこにある飯高町で農的生活を営む六人家族のお母ちゃんです。縁もゆかりもない移住をご機嫌に続けていけるのは、尽きないチャレンジ精神と、おおらかな地域のおかげです。地域に支えられる子供たちとの暮らしや、ここで発見した限りない素敵なことを、ちょっとずつ発信していきたいです。

とりあえず春レポ

どんな年でも春は来る。今年は公私共にあんまり非日常事態が重なって、春を愛でる気持ちなんて湧いてこないんじゃないかとちょっぴり心配でしたが、なんのなんのあっさりウキウキ春探ししています。


鳥がやかましくなったのを皮切りに、空気が日に日に緩んできて、虫が動き、カエルも鳴き出し、川面がキラキラ光ってきました。それからやっと怒涛の花咲き合戦です。

f:id:kamenarien:20200328154232j:plain


梅が散ったと惜しむ間もなくもう桜。今年はなにせ早い早い。雪柳もサンシュユもモモも美しい枝を垂らしています。

f:id:kamenarien:20200328154441j:plain


ああ、やっぱり春はいい、とうなづくと、足元も騒がしい芽吹きでいっぱいです。小さなスミレ、冬を耐えたタンポポ、また会えたなと見つめてしまいます。それから野草の類が目についたらもう大変。

f:id:kamenarien:20200328154841j:plain


ツクシ、ヨモギ、ノビルにフキ。タラノメやワラビのアンテナ張って、もう家にじっとしていられません。


野草を食べても手間の割に腹は膨れません。けれど安心して野草を食べられる環境はとてもとても恵まれたことだと思うのです。あちこちに野草を散りばめた食卓はその日が幸せだった証です。小さなことに時間をかけられなかった日もありますが、忙しさに埋まらないようにはしたいです。なにせ今は春の始め。寒い間縮こまっていた身体を伸ばすためにも、野山に出て発見に喜びたいですね。